CRM250AR Lixianda ECU(PGM)

CRM250AR Lixianda ECU(PGM)
Page content

サイト管理人の友人、Sです。CRM250ARに乗ってます。(大学生が乗る車種ではない)

CRMオーナーに役立つかもしれないのでちょろっと情報共有します。CRM250ARのECUは死亡率100%の時限爆弾ですからね。

2020年4月 回るんだがパワーがでねえ…もしや

∴ECU死亡(点火〇 排気バルブ×)

まだ修理できる状態なので純正ECUは厳重保管して、良い機会なのでこいつを試してみることにしました↓。

https://ja.aliexpress.com/item/1815264179.html?spm=a2g0o.detail.1000013.13.361623ecVTw5sj&gps-id=pcDetailBottomMoreThisSeller&scm=1007.13339.169870.0&scm_id=1007.13339.169870.0&scm-url=1007.13339.169870.0&pvid=987574a9-06c8-4cf8-9325-1292ba9dd7d2&_t=gps-id:pcDetailBottomMoreThisSeller,scm-url:1007.13339.169870.0,pvid:987574a9-06c8-4cf8-9325-1292ba9dd7d2,tpp_buckets:668%230%23131923%2386_668%23808%233772%23648_668%23888%233325%2312_668%232846%238113%23605_668%232717%237565%23753_668%231000022185%231000066059%230_668%233468%2315617%23869

2020年5月 アリババで購入した中華ECU、装着!

中華ECU(左)と純正ECU(右)、放熱フィンはおまじない。

そっから4ヶ月ほど走ったのですが、、、良いんでねすか?

普通に走る。違和感はない。

加速対策プログラムが消えている。

点火時期が進角してる。高回転域が前より少し上に伸びている。始動時にケッチンが来るゾ。

試乗したバイク屋(元GPライダー)曰く、無限ECUの特性に似ているそうです(筆者は無限ECUで乗ったことがないのでわかりません)。

ただ、一度だけですが、、、

信号待ちでスタンドスティルの練習をしていた時、エンストぎりぎりから突然音が変わってクラッチ離したらバックしてビックリ!即キルスイッチ!

2ストとはいえ、ここまで電子制御が入っているエンジンでクランク逆回転するとは。。。素人考えですが、極低速域ではもうちょい遅角した方が良いのでは?

筆者の個体は今、アイドルコントロールソレノイドが死んでいるのでそれも関係しているのかもしれませんが。(サービスマニュアルの写真とステー形状違くね?!)

とりあえず一度だけ逆回転はあったものの、それ以外は普通に走れているので別に問題ないと思います。ただ、レギュラーだと危険なのかもしれません。

CRM250ARはレギュラー指定ですが、ノーマル状態でもハイオクとレギュラーではフィーリングが違い、それは乗っててもわかります。納車時もバイク屋の独自判断でハイオク指定されていました。ARはわざとデトネーションさせているエンジンなのでハイオクの方が良いのでしょう。

が、筆者はケチなので色々実験してレギュラーを3割くらいまでなら混ぜても変わらないなあ、とアホな消費者をやってたのですが、中華ECUに変えてからは100%ハイオクです。

そんなわけで普通に良いじゃんって感じですが、耐久性についてはまだ不明なのでまた何か問題出たらアップデートします。

Dec.2020追記

コロナで授業もほぼオンラインで、外出がめっきり減ったせいかなんとたったの1000㎞ちょいしか走ってませんでしたがまだまだ元気に動作してます。

そういえば最初↑書き忘れていたようでしたが、中華ECUに換えたとき一番ビックリしたのはキーONでインジケーターランプがつくことでした。筆者の個体は電気二重層コンデンサに交換しているので容量や自己放電がそもそも純正の比ではないのですが、それでも純正ECUでは最後にエンジンを切ってから数時間以内ならキーONでインジケータが薄っすらとつくくらいでした。中華ECUでは最後にエンジンを切ってから10日経とうがキーONでニュートラルランプが煌々と輝いております。もちろんエンジンをかけないとどちらのECUもキーON状態では放電してすぐ消えちゃいますが、キーOFF状態での放電がまるで違います。ま、でも使い勝手はそんな変化無いです(笑)。